日銀を知らない日本人って誰ですか?



TOP
日銀の総裁ってそんなに偉いの?
日銀(日本銀行)のトップである「総裁」は、
副総裁や審議委員とともに国会で衆議院と参議院の両院の同意を得た上で内閣から任命されることになっています。

市中銀行では基本的に行内の合議によってトップが決まりますが、
日銀のトップの場合は必ず国会を通さなければ就任することができません。

このような仕組みになっていることから、
日銀の総裁となるにふさわしい見識を持ちあわせていながら、総裁になれなかった人も少なくありません。

日銀総裁は対外的には日本の中央銀行の代表者ですが、
政策金利の決定や公開市場操作など、主だった金融政策の決定に関しては政策委員会に決定権限があり、
総裁自身が独断で政策を決定して実行できる部分は決して多くはありません。

しかし、政策委員会で決定された事項に関しては
会合の後の記者会見で代表者として説明を行わなければならないほか、
国会が開かれているときは経済政策が議題となっている委員会審議の場に参考人として招致され、
国会議員との質疑を通して日銀の考えを説明しなければなりません。

そして、この会見や国会での発言は様々な市場の動向にしばしば大きな影響を与えます。

このような理由から、世間一般では日銀総裁は偉い人であると認識されています。

一般庶民の僕からしてみれば、ふーんと傍観する気持ちにしかなれませんが(笑)
それよりも、FXの通貨単位を1通過からにした業者のほうが、より尊敬しています。

記事一覧
ホーム

日銀とほかの銀行の違いは?

日銀の総裁ってそんなに偉いの?

他の国にも日銀みたいな銀行はある?

日銀が為替介入するのってなぜ?



Copyright (C) 2014 日銀を知らない日本人って誰ですか? All Rights Reserved.