日銀を知らない日本人って誰ですか?



TOP
日銀ってなに?
日銀

日銀は日本の中央銀行です。

この銀行は日本にあるすべての銀行にお金を貸し付けています。
そしてその貸付金利を決定するのも日銀です。

この金利のことを公定歩合と言っていますがこの金利を高くしたり低くしたりして
日本に出回るお金の量を調整しています。

市場に出回るお金の量によって世の中がデノミになったりインフレになったりしますので
公定歩合の金利の決定は慎重に討議して決められることになっています。

もう一つ重要な日銀の仕事は世の中に出回るお金の量の調整をすることが大きな仕事になっています。

金利の操作でも世の中に出回るお金の量は調整することができますが、
日銀は日本の各銀行が保有している国債を買い入れて世の中に出回るお金の量を調整することもしています。

国債を買い取られた各銀行は大量のお金を手にすることができ、
そのお金を利用して企業や個人に貸し付けを行います。
お金が広く出回ることにより日本の経済は活性化されることになります。

このように日銀の仕事は世の中の情勢を見てお金の流通量をコントロールすることで、
景気のコントロールをすることが大きな仕事になっています。

ただやみくもにコントロールするのではなくいろいろな経済的な数値を検討して、
慎重にお金の流通量をコントロールしていきます。

記事一覧
ホーム

日銀とほかの銀行の違いは?

日銀の総裁ってそんなに偉いの?

他の国にも日銀みたいな銀行はある?

日銀が為替介入するのってなぜ?



Copyright (C) 2014 日銀を知らない日本人って誰ですか? All Rights Reserved.